母が植えた植物の数々

母が残してくれた庭があります。洗濯も干せるし、真ん中は簡単なタイルにしてあるので孫のプールやわんこの日向ぼっこなどに使えます。母の植えたれんぎょの花が春先に夏には百日紅が咲き、段々大きくなっています。雑草もすごく生えるので、アンダーカバーに玉竜やワイヤープランツを植えました。玉竜は場所が悪かったのかふえませんでしたが、ワイヤープランツはかなり増えました。可愛いのですが、山になっています。

母は家を守る植物として、カポックや南天、柊、榊、おもとなどを次々と買ってそれぞれの良い方角に植えていました。枯れてしまった物もありますし、強大化している物もあります。カポックと南天は茂っていますが、カポックはすごく強くコンクリートの壁を破って外の下水に入り込んでいるのか、水が無くてもグングン育っています。夫と相談してカポックは抜くことにしました。1か月ほどかかって、やっとの思いで取れました。本当に強い木です。あとひとつ、カポックが残っています。これもいつか取らないといけないと思っています。ヨモギと斑入りの笹も、もらって植えていました。これも大繁殖して、ヨモギは時々ヨモギ餅を作っていましたが、冷凍庫がヨモギだらけになってしまいました。ヨモギは抜きやすかったですが、笹は抜けません。手も切れるし手ごわいです。

母はとても庭いじりが好きで、9時には庭に出て、午前中いっぱい庭にいて、御昼を食べたらまた庭に出て草むしりや水まきに精を出していました。近所の人が通るとおしゃべりをして笑ったり、子供ながらに暑くないの、しんどくないの、と思っていました。手伝う事はなかなかできず、私はすぐ家に入ってしまいました。母の庭のお陰てナチュラルガーデニングを楽しめています。スズメやメジロ、ときどき鶯の声も聞こえます。母みたいにできませんが、なんとかジャングルにならにように、草むしりに励んでいる毎日です。今度は野菜にも挑戦してみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>