Monthly Archives: 7月 2016

思いがけないうちの盆栽のデビュー

ガーデニングは好きで、もうかれこれ15年ほど続けています。
一番手をかけているのは玄関先に少し取ってあるガーデニングスペースです。
四季の花木を植えている傍らには、盆栽のスペースがあります。
ここは日中人通りが結構あり、足を止めて見て下さる方や、「きれいですね。」なんて声をかけていただくこともありました。

その代わりに、時々、壊されたりする悔しい事もあったりするのですが。
それでもそういった反応があるとないとでは大違いで、そういう声がかかるのは嬉しいものでした。
また、このスペースが少しでも道行く人の心に何か癒しみたいなものになればいいなぁとも思っていました。
ですので、多肉植物を入れる鉢は可愛い瀬戸物を使ったり、コケを盛るためにおしゃれな瓶を少し割ってリサイクルしたり、拾ってきた銀杏をそのまま植えてみたり、楽しみながら工夫していました。

そんなある日、いつものようにガーデニングスペースで遊んでいると、年配の男性から声がかかりました。
話を聞いてみると、その方は陶芸家で、自分の個展をやる時の飾りとして、私が作っていた盆栽の一部を貸して欲しいとおっしゃるのです。
それは壊れた瀬戸物の中に赤玉土を入れて、山からとって来たモミジの挿し木をし、コケを敷いて作っていた盆栽でした。

私はこんなものでよければ、とお渡ししたのですが、自分が育てた盆栽がそんなふうに人の役に立つなんて、思いもかけない事でした。
自己満足でしていた庭の盆栽が思いがけずデビューを果たして、とても誇らしい気持ちになりました。